G.B.KENT コームの特徴

1. ブラシメーカーとしてのノウハウを生かし、コームにも丁寧な工程を経て製造

2. コームの素材の感触、持ち手の優しさなども考慮

3. 丈夫で長持ちする素材

4. 深い色合いと光沢、またべっ甲調の美しい透明感

5. 髪と頭皮に優しい仕上げ

6. 一度使ったら、他のコームは使えなくなるほどの心地よい感触と手触り



 

GB KENT Comb の素材

天然綿を主原料にしたセルロースアセテート(天然繊維素樹脂)。
最も自然に近いといわれている素材です。
セルロースアセテートの成分は、いずれも天然に存在し、若干の生分解性を持つとされています。そのため、直接肌に触れてもアレルギーなどが起こりにくいと言われている優しい素材でもあります。静電気も起きにくく、髪や頭皮によくなじみます。
金型に樹脂を流して作る一般成型品では、表面や根元にバリ(接合突起部)があり、その表面がこすり付けられるため髪を傷め、頭皮にもチクチクとした感触を感じさせます。これが切れ毛や枝毛の原因となっています。
 

GB KENT Comb 製造の工程

セルロースアセテートの板をカットしてコームの歯を作る丁寧なつくりを実践
工程には12段階にもおける作業があり、カットした後のコームを機械によって表面を滑らかにする工程は10時間にも及びます。
また、最後には手作業にて表面を滑らかにし、1本1本丁寧に作り上げていきます。
丸く磨かれた歯先は、頭皮や髪に優しく、髪通りをとてもなめらかにしています。 そのため毛髪に傷をつけたり頭皮にダメージを与えることが少ないコームであると言えます。

 

GB KENT社では、28種類のコームをご用意

普通歯、粗歯のコームと、また1本に普通歯と粗歯を組み合わせている両歯タイプのコーム。

◆普通歯のコーム ※毛の量が少なく、髪の細い方に


◆粗歯のコーム ※毛の量の多い方、ウエーブの強い方に


◆両歯タイプ ※普通歯はなでつけや仕上げ用として。粗歯は自然なスタイルに仕上げたいときに、2通りの使い分けができます。