本文へジャンプ

ここから本文

Home > Kent Facts

KENT FACTS ( ケントブラシについて )

Hemel Hempstead in Hertfordshire
ハートフォードシア州
ヘメルヘムステッド

Workman

Workman

G.B KENT は、ウィリアム・ケントによって 1777 年、ジョージ 3 世の時代に設立されました。
20 世紀頭まで、当社はロンドンにてブラシの製造をしていましたが、85 年程前にロンドンの北 50Km にあるヘメルヘムステッドに拠点を移しました。現在ではアプスレーにある近代的な設備にて製造を行っていますが、製造過程の多くは今も手作業で、木を削る香りは 1777 年当時のそれと変わらぬままです。
設立当初、ウィリアム・ケントは靴や毛髪、洋服用のブラシを製造していました。自らの製品に対する彼の自信はその製品広告に表れています。タイムズ紙の一面に掲載された初めての広告にはこのように記されています。

「私どものブラシは今までのものとは全く違います。その優れた効果は一目ごらんになったらお分かりいただけます。独特な構造により、一回のブラッシングで埃やふけの除去、磨き上げを行います。ブラッシングの後はなんとも美しい光沢に仕上がります。」

G.B KENT の社名は、ジョージ・バートン・ケントにちなんで名づけられました。彼は王室御用達許可証を持ち、1854 年から 1900 年にかけて大規模な製品開発を行い、大幅な事業、売上の拡大を成し遂げました。
19 世紀末にかけて G.B KENT は、週 600 頭分もの雄牛の脚の骨を使い、柄の部分が骨で出来ているハブラシを大量生産していました。
現社長兼販売取締役のアラン・コスビーは、当社にとって大切なのは「この伝統技術を守り続けること。」と語っています。
G.B KENT はご家庭内で古くから使われているブラシを修理できる数少ない会社のひとつです。こうしたブラシは多くは当社の製品であり、たとえそれが「手作業の植毛」、つまり文字通り職人が手で毛の縫いつけをする作業であっても修理可能です。一見ありふれたブラシひとつをとってもその製造にどれだけ多くの職人技術と材料が必要かを知るのは非常に興味深いものです。

当社の最初の工場への訪問者は、かつて以下のように記しています。

「豚毛はロシア、シベリア、中国、インド。アナグマの毛はドイツとバルカン諸国。鯨骨は南極大陸。繊維はメキシコ、ブラジルアフリカ。ブナ、サクラ、シラカバ、シカモアはイギリスの田園地方。熱帯の木材や象牙、サテンウッドはセイロンの森、西インド諸国、南アメリカやインドネシアからそれぞれ運ばれてくる。」

会社設立当初から現在までに多少の変化はあるにせよ、最初の広告にあるように当社が「世界で最も優れたブラシメーカー」と今日も自負する理由がお分かりいただけるでしょう。

ケントの業績

  1. 当社はいち早く、運搬車を使用した卸売り業者のうちのひとつでした。24 馬力、2.5t の「商用車」を 1908 年に購入しました。
  2. 第一次世界大戦の際、大量のブラシを英国陸軍省のために製造しました。兵士の装具には毛髪用・歯磨き用・シェービング用・洋服用・靴墨用・靴磨き用、それにボタン用ブラシが含まれていました。
  3. 雄牛の骨や豚毛の使用が宗教上禁止されているインド軍隊のために、木の柄と植物繊維でできた特製のハブラシを製造しました。
  4. 第二次世界大戦では、ケントの工場がドイツの空襲によって 17 回攻撃を受けました。しかしながら、労働者は落ちてくる爆弾の中で驚くべき勇気をもって、屋根の穴をふさぐために防水布を張り直して仕事を続けました。
  5. G.B KENT は 225 年もの間、ブラシ作りに携わってきました。英国のブラシ製造業者のなかで最も長い歴史を誇ります。
  6. 現在では 250 種類以上のブラシを作っています。
  7. 当社の製品は世界 52 カ国に輸出されています。
  8. 年間 100 万本のヘアブラシと 50 万本以上のハンドメイドコームを生産しています。
  9. 殆どのブラシ製品が 12 の工程を経て作られます。なかには 20 もの工程を経ているものもあります。そうした工程には、カット / 型作り / 植毛 / 仕上げ / 検査 / 磨き上げなどが含まれています。
  10. 非常に厳しい品質管理の下、当社のヘアブラシはすべて手作業で検査・仕上げをしています。